pet検査最新情報まとめ


5分で分かるpet検査の基本

pet検査とは、画像診断による全身のがん細胞の有無や広がり具合を調べる最新のがん検診のひとつです。このpet検査は、がん細胞が正常な細胞よりも大量のブドウ糖を摂取するという性質を利用した検査方法で、ブドウ糖に似た検査薬を注射して、投与した薬が全身に行きわたってから全身を撮影します。このpet検査が優れている点は、一回の検査で全身のがんを確認できる点です。また、ほかのがん検査では見逃しやすい小さいがん細胞も発見しやすいという長所があります。また、検査薬を投与した後は、1時間程度検査台の上で寝ているだけで検査が行えるため、受診者の身体への負担も少ないことも魅力です。このpet検査にも弱点があり、ブドウ糖を吸収して排出する腎臓や脳、胃などの一部の臓器のがんに対してはあまり効果がないです。そのため、がん検診では胃カメラやCTなどの他の検査と組み合わせて行うのが一番ベストです。この検査が行える医療機関はまだまだ少ないため、がん検診を行うときは前もって確認しておいたほうがよいです。

pet検査最新情報まとめ

がんを検査する方法の一つであるpet検査。
「pet」とは陽電子放射断層撮影という意味であり、ポジトロン・エミッション・トモグラフィーの略です。
がんは種類によって自覚症状が無いものがあったり、他にも腫瘍ができたりと、進行がある程度進んでからでないと発見しにくい病気ですが、そのがんを早期発見する為がん細胞に目印をつけるのがpet検査の特徴です。
現在ではpetとctの画像を同時に撮影できる機器があります。
petは性質上、単独での使用でがんの有無や場所を特定する事が難しいケースがありますが、体の内部を細かく写す事ができるct画像を同時に重ね合わせて撮影する事により、がんの場所や形等をしっかりと掌握する事ができるようになりました。
機能画像と形態画像を合わせる事でそれぞれの欠点をカバーするという方法です。
他にもMRI画像とも重ね合わせて信頼性の高い画像を写し出し、信頼性の高い検査を実施する事もできます。