pet検査は30歳から?


pet検査は30歳から?

10代や20代は焼き肉やステーキ、ハンバーグなどの、脂分の多い食べ物が好きなものなので、野菜や魚はほとんど口にすることなく、そればかりを食べている人は少なくありません。
しかしそのような肉中心の食生活を送っていると、高血圧やがんなどになる危険性があるため、30歳を過ぎたら一度、pet検査を受けた方が良いでしょう。
30歳を過ぎたあたりから、男女ともに新陳代謝が低下し、体力が衰え始めるので、気持ち的にはどれだけ若いつもりでも、体の中はそうではないことがあります。
がんは、かなり進行しないと気付かない場合も多いので、あとで後悔しないよう、pet検査を受けておくと安心です。
pet検査というのはがんの検査方法のひとつで、点滴で検査薬を投与し、全身のがん細胞に目印をつけたあと、専用の装置で撮影するという流れになります。
かなり初期の、小さながん細胞まで発見することが可能なので、空いた時間に申し込むようにしましょう。

太っている人こそpet検査?

太っている人は生活習慣が崩れている可能性が高く、がん発症のリスクが高い傾向にあります。
pet検査はがんを発見するための検査法の一つですが、最大の特徴はがん細胞にマークを付けられるというところです。また、陽電子放射断層撮影という手法で小さながん細胞を発見することが可能なので、早期発見、早期治療が受けやすくなります。
pet検査を受けることにより、肥満から起こるがんによる死亡率を引き下げることが出来ます。
最近ではがんのリスクが特別高くない人でも、「心配な要素があるのならばpet検査を受けるべき」と言われるくらいがんの早期発見に使われている検査です。
初期のがんを発見することが、最もリスクや費用を抑えたがん治療への一歩です。
太っている人は不健康な食生活が続いていたり、お酒やタバコが好き、運動が嫌い、といったがん発症率を高めてしまいやすい生活を送っている可能性が高いです。なので、太っている人こそpet検査を受けておいたほうが安心でしょう。